自分の肌に合ったスキンケアを・・・

冬の時期は乾燥を心配して色々とお肌のお手入れをしますが、そのことが逆にニキビが増える誘因になっているように感じるケースがあります。

通常は使わないような基礎化粧品などを使うことが表皮への刺激になり、毛穴くろずみや炎症を誘発して、冬でもニキビが発生してしまうことがあるそうです。

乾燥肌の人には保湿することが大切です。

乾燥肌の人は保湿を外からも内からも実施してください。

体の外からという意味は、肌に直接水分補給を行って、保湿をしてあげるということです。

顔を洗う際には低刺激のものを使うか、洗顔料なしでぬるま湯によって軽く表面に付いた汚れを落とすことが重要です。

軽く洗顔したら、すぐに保湿することを忘れないでください。

歳を取ると共に、お肌に対する不満が増え始め、化粧水や乳液をエイジングケアの出来る商品に変えてみたり、美容液やクリーム等も使用するようになります。

ですが、とある美容部員の方のお話では、もっとも大切なのはクレンジングなのだと言っていました。

まずは、正しいクレンジング法を身に付けて下さい。

そして、最近では、オールインワン化粧品がもはや常識になりましたね。

その中で、エイジングケアを扱ったオールインワン化粧品には、各社こぞって力を入れているようです。

配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどのような肌の保湿に関係するものが多くを占めています。

しかし、スキンケア商品というのは、自分の肌に合わないと、肌に悪影響を及ぼすものもあるので、まずは、自分に合ったスキンケア法を選ぶことが大切です。

肌のお悩み研究室